tousi-sintaku.png


投資信託ガイド!FXよりも少額堅実投資で資産を殖やす:目次
1.堅実な資産運用はリスクの低い投資信託

2.投資信託で堅実に資金運用

3.投資信託は絶対に安全か?

4.資産運用の方法を比較検討しました。

5.資産を殖やさず老後を迎えたら?

6・投資信託をお考えのあなたへ

7・投資信託・資産運用関係の無料冊子紹介



1.堅実な資産運用はリスクの低い投資信託

FXで主婦や高齢者が脱税で逮捕された。
そんなニュースを聞くとFXの方が資産を増やせるかな
と思いますが、投資信託の方が安全なようです。

バーチャルのFXで勉強して、というのも聞きますが、
「あんなものは所詮ゲームだから、勝つようになっていて
投資の勉強なんかにはならない。」と詳しい友達に聞きました。


少額の余剰資金でも資産を運用して殖やすことのできる
「投資信託」にあなたが興味をお持ちなら、
きっとこの情報はきっと役に立つと思います。
よろしかったら情報をシェアしますので、
このブログを参考にしていただけたら幸いです。


堅実な資産運用に興味はございませんか?
おありでしたら、このブログの情報は
あなたにとって貴重なものになるかもしれません。


なぜなら、投資信託にも意外な落とし穴があるのです。
その落とし穴に落ちないように、
投資信託を始める初心者が知っておくべき
気づきにくいところを暴露している
情報を見つけたのです。

それは・・・


「2.投資信託で堅実に資産運用」へ


投資信託分配型経典

 

2.投資信託で堅実に資金運用

投資信託って、たくさん種類がありますよね。
不動産投資信託、郵貯(郵便局)投資信託、
りそな銀行投資信託、三井住友銀行投資信託など銀行投資信託も。
大和証券や野村證券などの証券会社もあります。

「いったい投資信託のおすすめはどれ?」
「投資信託の選び方は?」とあなたが迷うのも無理はありません。


同じような投資信託が多い、と思われるかもしれません。
実は私も、「安心できる会社なら」と思っていたのです。

ところが、同じような投資信託、と思って投資しても
人によって最終的にはすごく大きな差が
出てしまうんだそうです。

ほんとうなんです。


こちらのサイトには、投資信託を始める時に
注意しなければならない点が書いてあります。
注)このサイトは、有料のE−ブックの販売をしていますが、
とても詳しく書いてありますから、売っているものは
とりあえず無視して、読んでみてはいかがでしょう。


何といっても実体験なので説得力がありました。

こちらをクリックして、確認してみて下さい。


この投資信託のサイトによると、
「どんな投資信託を選ぶのかによって
一見儲かったように見えて、実はそうではない」
という貴重な体験が掲載されています。

逆に言うと「これを知らずに買ったら怖い」ですよ。

投資信託の選び方でそれだけ差が出るんですね。


私も少し勉強しましたので、
私でよろしかったら、ご相談をお受けしています。

ご質問はこちらからお気軽にどうぞ。


「3.投資信託は絶対に安全か?」へ
 
投資信託分配型経典

3.投資信託は絶対に安全か?

安心なような投資信託ですが、
これでは
ちょっと投資信託の選び方を間違えると、
思ったように資産を殖やせない、
という事になりかねませんね。

これはただ、
「買っている投資信託がいい物か悪いものか。」
という事に左右される事がほとんどなんです。

特に初心者は、金融機関のおすすめ商品や、
投資関係の雑誌で特集されている投資信託を
そのまま
買ってしまう場合が多いので「悪い投資信託」を
持ってしまうんだそうです。

しかも怖いのは、
自分では、大きな利益を
逃がしている事に気づいてない事、なんです。

ちょっと投資信託を変えることで、
将来は安心して暮らせるくらい儲かるはずなのに、
そのチャンスを捨ててしまっているんです。

投資信託の選び方でこんなにも違うんです。


そこで、おすすめしたいのが
「実際に投資信託を買って運用してみた体験」です。

先ほどのサイトで紹介されている教材なのですが
初心者が実際に投資信託を運用してみて、
気づかなかった、誰も教えてくれなかった実態が
詳しく暴露されています。


こちらがその教材のホームページです。


ネットで買ったE−Book、というのは
初めちょっと抵抗がありましたが、

FXなど、みなさんE−Bookを参考にされているそうで、
試しにこの投資信託の本を買ってみたら、
すぐにダウンロードできて、なんの事はなかったです。

どういう内容かはあらかじめサイトに説明されていますし、

しかも、やはり表に出ない一般書店ではわからない
情報も含まれています。素人が投資信託で資産運用したら
こんな事を見落としていた、という実体験です。

これは初めに読んでおくべきでした。


お聞きになりたいことがあれば、
私でよければ何でもおたずね下さい。

ご質問はこちらからお気軽にどうぞ。

「4.投資信託のE−Bookを比較検討しました。」へ

4.資産運用の方法を比較検討しました。

資産運用といえば、いろいろなものがありますね。
特に今は、FXが注目を浴びているようです。


実は、先ほどからご紹介してきた投資信託の教材にも
欠点がいくつかございます。

それは、注目されているFXや信用取引のように
「短期間で爆発的な利益を上げることは出来ない」
ということです。

また、投資の作業を「ほったらかし」にはできるのですが、
毎月3万円とか、定期的な投資資金の追加が必要です。

それに、投資信託では結果が大きく出だすのが10年後、
投資できる資金にもよりますが、
億単位の利益をあげるには、30年くらいかかるようです。


でも、短期間に爆発的な利益を上げる事のできる投資は
それだけリスクも大きいのです。

FX神矢スキャルピングシステム
-FX業界最高峰にして最強のスキャルピングシステム-


これは投資系で今一番売れてるFXの本なんですが、
FXは、あまり熱くなる傾向のある方は怖いですよ。


◆総額220,900円相当『株式投資秘密の公式DVDセット』プレゼント!

個別株デイトレードのノウハウが詰まったDVDが
送料のみの負担でもらえます。

【無料DVDプレゼント中!】元金100万円でどんな恐慌が起きようと
毎日確実に1万円の利益を出す日経225鉄板投資法!


日経225も人気ですね。
こちらも送料だけで無料のDVDがもらえます。

上の二つは初めのDVDは無料ですが、(送料のみ)
会員制のクラブに継続して入会するお試しの宣伝です。

すごく詳しい内容で驚きました。


「自分で毎日トレードするまでしなくても」
「老後の資金を堅実に殖やしたい」
という方には教材のような、投資信託がぴったりだと思います。


ご紹介させていただいた投資信託の教材は
どうして投資信託が一番リスクが少ないか、
しかも元手が少なくて大きく殖やせるか、
だけど、初心者が知るべき隠された落とし穴について
書いてありました。これは知っておくべきだと思います

中身を見ずに買うような事もなくて
この投資信託分配型経典
気づいていたようで、うっかりしていた事を
指摘してくれました。

私のお奨めは、やはり投資信託ですね。
投資信託分配型経典


やはり初心者の資産運用は、堅実にしないといけないし、
リスクもきちんと知っておくべきですよね。

次回は資産運用をめぐるちょっと怖い話をしちゃいます。
 
5.資産を殖やさず老後をむかえたら? へ
 

5.資産を殖やさず老後を迎えたら?

金融広報中央委員会の世論調査によると、
老後の生活について「心配である」と答えた世帯は
60歳未満の世帯では84.2%にもなるそうです。

やはり、少しでも余剰資金があれば、
殖やしたいと思いますよね。


だけど、余剰資金でなく、虎の子を使って元も子も
なくしてしまっては本末転倒です。

FXというのは初めに証拠金を何十万か用意して
その数倍から数十倍をレバレッジという形で
運用できるので、大きな利益を出せるのです。

レバレッジ100倍なら10万円で1000万円の運用ができますが
あまりレバレッジを高くすると
1円でも下がるとロスカットされて
資産を全部失ってしまいかねません。
あなたはそれに賭けられますか?

真面目に働いていれば、退職金と年金で老後は、
なんていう時代は終わってしまいました。

年金で不自由なく暮らせる、という人はたった3%だとか。
自分の身は自分で守る時代なんですね。哀しいですが。

その年金さえ、本当にまともに払われるのか・・・。
手遅れにならないうちに、と考えるのはおかしいでしょうか?

株式投資もある程度まとまった額がなければ、
分散投資なんてできませんよね。

私でよろしければ、お役に立てるかもしれません。
お気軽にご質問下さい。

ご質問はこちらからどうぞ。


本気でお考えなら、こちらを購入された方が
早いかもしれませんね。価格以上の価値はありますから。

投資信託分配型経典


次回は、少ない資産を殖やして明るい老後を過ごしたい、
と思う、あなたと同じ思いを持つ私から、
メッセージがございます。聞いていただければうれしいです。

  投資信託をお考えのあなたへ へ
 

投資信託をお考えのあなたへ

投資で一時的に勝ったとしても、安心はできません。

投資とは少し違うのですが、私の知人の友人が
宝くじで一千万円を当てたそうです。
その方はどうなったと思いますか?

宝くじに入れ込んで、
結局最後には自己破産までいったそうです。


宝くじと投資を比べても違いがあるとは思うのですが、
いっときに「濡れ手に粟」のように入ったお金は
やはり身につかないのではないでしょうか。

それよりも多少時間はかかったとしても
堅実でリスクの少ない投資信託を
上手に運用する事を
あなたに提案したいのです。


そのためにも、初心者が陥りやすい
気づかない点を暴露してくれたこの教材は
初めに読んでおいた方がいいかもしれません。


投資信託について、私も少し勉強しましたので、
よろしかったら、なんでもご相談下さい。

ご質問はこちらからお気軽にどうぞ。

 投資信託・資産運用関係の無料冊子紹介 へ
 
 

投資信託・資産運用関係の無料冊子紹介

資産運用関係の無料冊子を集めてみました。

興味がございましたら、
こちらにお名前(仮名でもけっこうです。)
メールアドレスを打ち込んでご請求下さい。

折り返し、無料冊子のダウンロード方法を
メールでお知らせいたします。^^


無料冊子のご請求はこちらからどうぞ。


もし、本気で検討されているのであれば
こちらを購入された方が手っ取り早いかもしれません。
投資信託分配型経典

 

投資信託と資産運用に関する用語集・豆知識

投資信託とは投資する人から集めた資金を一つにまとめて、
投資の専門家が国内外の株式や債券などに分散投資を行い、
その運用成果を分配する金融商品です。

投資信託では少ない投資額であっても、投資先を分散でき
長期投資することによって投資のリスクを減らす事ができます。

投資のリスクとは収益が少なくなったり、最悪の場合は
投資した資金を回収できなくなったり、マイナス投資=
投資した以上の負債を抱えてしまったりする事です。

投資のリターンとは投資や資産運用によって利益を得られる事です。
一般に投資や資産運用をする場合、リターンが大きければ
その分リスクも大きくなります。

投資信託の場合は分散投資と長期運用によってリスクを
分散する事ができるので、リスク軽減が図れます。

分散投資のポイントは資産の分散=いろいろな金融商品への投資
時間の分散=一度に全ての一度にすべての資金投資するのではなく
何度かに分けて投資することです。

分散投資によってリスクを軽減する事ができますが
投資のリスクが全くないわけではありません。
投資のリスクを軽減するためにも、投資信託を利用する場合、
投資先を比較する事はとても重要です。

投資信託の投資対象には国内株式、海外株式、バランス、
マーケットニュートラル、海外債権、不動産投資信託
公社債投資信託などがあります。

投資信託の純資産総額とはファンドの大きさのことをさします。
投資信託の基準価格とはファンドの値段のことをさします。
純資産総額も基準価格も毎日変ります。
ファンドの中身の株価や債券の価額が毎日変わるからです。

株式投資の場合、分散投資をしようとすればいくつもの
株や債権を買わなければならず、何百万、何千万の資金が必要となってきますが、投資信託の場合、1万円からでも
分散投資する事が出来ます。

投資信託は長期運用の方が資産の増加が見込めるので、
投資信託を買ったらほったらかしにするくらいがちょうどよく
短期に売買するなどの気ぜわしさやわずらわしさがありません。
長期に運用する投資信託だからこそ、投資先をよく比較して
選択する事が必要です。

投資信託の選び方には、隠された落とし穴があります。
投資信託を運用する時は、特に初心者の方は
投資信託分配型経典
」で指摘されている部分は
気づかないかもしれません。

投資信託がリスクが低いと言っても、
全くゼロではないので、資産運用にあたっては自己責任で
しっかり管理する必要があります。


なお、ここで紹介しました投資信託の教材は
インターネットを通してダウンロードするものですので
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都市、大阪市、
岡山市、広島市、福岡市など全国の主要都市をはじめ
北は北海道から南は沖縄まで、どの地域からでも
ご利用いただけます。
muryousassi-midori-1.png situmon-ao-1.png